僕の気楽飛歩(きらくとんぼ)日記

戦中派老人の赤裸々な日記から

運転免許証更新

 わが人生最後の受験と位置付けている運転免許証更新のための高齢者講習を受講した。

 1月に受けた認知機能検査結果が「記憶力・判断力に心配ありません」と判定されたので、今回は双方向型講義30分、運転適性検査機材による指導30分を受けた。

 視野検査は20代の平均値より良い。

 静止視力0.9、動体視力0.3…75歳以上からみれば「ふつう」だ。視力については4カ月前の検査で0.6であった。これでは0.7以上でなければ合格しない条件以下だ。眼鏡店で補正してもらおうとしたら「メガネで視力を上げることはできません」と見捨てられた。ならば、眼科医院に行くしかない。

「軽度の白内障と眼の奥の神経を柔らかくしましょう、この程度なら心配いりません免許証がもらえるようになります」

 と医師が二種類の点眼薬を処方してくれた。そのおかげで視力は0・9まであがり免許試験クリアだ。

次は実車指導だ。

 指導員が助手席に座り僕が運転席に着く、乗る前に車の前後を安全確認したあと、運転席に座って直ちに安全ベルトを締めた。バックミラーとサイドミラーの角度を調整してから、「スタートします」と指導員に了解を求めて、再度車の前後左右の安全確認のあと動き始めた。

「スタート前の安全確認は良好です」指導員が褒めた。

 横断歩道のある一時停止線で一旦ストップした。

「歩行者のいない横断歩道では一時停止する必要はありません」

 指導員からチクリ。

「次の三差路で左折してください」

 指導員の指示があった。三差路の手前の停止線で一旦停止したあと、そろりそろりと前に進んで右からの車がないことを確認してから左折した。

「安全確認は良好です」

 指導員に褒められた。気を良くして指示通りに方向転換しながら車庫入れの場所に着いた。

「左の車庫に入れてください」

 最大難関の車庫入れだ。左右後方の安全確認をしてからギアをバックにいれて動かそうとしたが、車にバックモニターがない。

「え、この車にはバックモニターが付いてないんですか」

「そんなものありません」

 指導員はしらっとしている。仕方ないサイドミラーで車の位置と車庫の入り口を確認しながら後退したが、どうも入らないようだ。

「すみませんいちど前へ出してやり直します」

 と申告して前進した。

「さっきのは入っていなかったな」

指導員がポツリ。やり直したのが正しかったのだ。

次も入らない。

「こんなに車庫は狭かったですか」

 ぼやきながら3回目でやっと入った。

「車庫の幅はこの車の倍あるんですよ」

 指導員がチクリ。

 あとはなんなくクリアしてスタート地点に戻った。

 指導員に礼を言って、後方の安全確認したあと下車した。

 教室に帰って、すでに終わっている受講者の話を聞いて驚いた。今日の受講生は皆が70歳から74歳までの人たちだ。

「え、なんで」

 僕の歳を聞いた他の受講生がびっくり。

認知症テストで認知症の心配なしと結果がでたからでしょうね」

「テスト結果が悪かったら講習三時間で金額も7950円になるから大きいな」

僕は5100円の2時間で済むから確かに大きい。

 

ともかく免許証更新の手続きは終わった、あとは発行されるのを待つだけだ。