僕の気楽飛歩(きらくとんぼ)日記

戦中派老人の赤裸々な日記から

ヨモギ風呂

 

 早朝、いつも歩いているウォーキングコースでヨモギを見つけた。よく見ると植え込みになっているツツジの中から沢山出ている。これならお犬さまの排便の影響を受けないだろう、と上部の新芽部分を摘み取った。 それをザルで乾燥させてから風呂にいれた。

 湯に浸かるとヨモギの良い香がするはずであったが、全然しない。

 え?なんで?とヨモギを入れたネットに鼻をくっつけて嗅いだが、まったくしない。

 なんのことはない、己の嗅覚が退化しているのだ。

 風呂あがりにパソコンの前に座っている体がポカポカとあたたかい。

 ヨモギの効果はあったようだ。