僕の気楽飛歩(きらくとんぼ)日記

戦中派老人の赤裸々な日記から

糖尿病検診3回目

 前回から2か月開いている。

「飲食に極端な制限をしていませんか」

 医師の意外な質問にとまどった。

「たまに、数値を下げることに熱中している患者さんがおられるが、あまり体や精神にストレスを持ち込むと反動で一気に上がってしまい取り返しのつかないことになる方もおられる。あなたはそんな方ではないですよね」

「特に、苦しいほどの制限はしていません」

「あまり無理な制限をしないよう十分気をつけてください」 

 治療をはじめるとき血糖164、ヘモグロビンA1c7.8だったものが2回目で血糖134、ヘモグロビンA1c7.2になり、今回は血糖130、ヘモグロビンA1c6.6に下がっていた。前回は空腹時血糖であったが今回は食後3時間半の数値だから、ほぼ正常値に戻っている。

 医師の心配しているのは低血糖のようだ栄養失調と低血糖のようだ。

「これからは、あまり無理をせず、平常の食事がどの程度までいいのかを探っていきましょう。甘いものも適当に食べてください」

 と70日分の薬を処方してくれた。