僕の気楽飛歩日記

戦中派老人の赤裸々な日記から

テレビの現場取材に思うこと

  強烈な台風のなか外にでて自分の身を危険にさらしながら必死で中継している、あれは必要なのか。

 強烈な風と猛り迫る高潮に膚接して、必死に体を保ちながら叫ぶように報告している。観る者にとっては滑稽にしか見えない。

 数年前、安全第一だ、と自粛したはず。それもいつの間にか無視されている。

 事故が起きる前に、「身の安全を保ちながら取材」するべきである。