僕の気楽飛歩日記

戦中派老人の赤裸々な日記から

甘がゆ

 少年時、12月になると祖母は隣町から麹菌を買ってきて、蒸した米に混ぜて発酵させた甘酒を造っていた。ほとんどアルコール分のないお粥で、僕らは甘がゆといっていた。

 数年前、このことを思い出し麹を買って甘がゆを造ろうと思った。麹菌は売っていないため麹を購入して甘がゆを造ってみたが、まともな甘がゆはできなかった、麹の発酵が弱いのだ。それでも匂いと麹独特の甘さは少年時のものと変わらなかった。

 今年も造ろうと思ったら麹が倍の値段になっていた。美容や健康に良いということでテレビで紹介されたためブームになっていたのだ。

 

 今年は甘がゆは止めだ。

 ブームが過ぎれば元の値段にもどるさ。