僕の気楽飛歩(きらくとんぼ)日記

戦中派老人の赤裸々な日記から

戦没者等の遺族に対する特別弔慰金

 父親が戦死したため特別弔慰金を頂いている。年1回4万円であったが平成27年の法改正により5万円にあがった。

 故郷を離れている僕にとっては墓参に行くにも交通費、宿泊費がかさみ負担が大きいが、この制度はありがたい。

 ところが、申請を出してから弔慰金を受け取るまでの期間がかかり過ぎだ。

「一年半はかかります」

 担当者は平然と言っているが、受給者は高齢者がほとんどだ。待っている間に死去する人も多いだろう。なぜ、もう少し迅速な作業ができないのか疑問を持つ。

 

 政府のせっかくのご厚志を事務方がつぶしているように思う。