僕の気楽飛歩日記

戦中派老人の赤裸々な日記から

犬も食わない話ですが

 朝食の用意をしながら「洗濯、掃除、買い物、三度の食事と自分だけが忙しい」対して僕は朝のウォーキングが終わったら1日中クーラーの効いた部屋でゴロゴロしていて何も手伝わない、と文句ダラダラ。

「家事に文句を言うようになったら終わりやな、俺の面倒をみるのが嫌になったら別居しかない」

 僕の一言に女房が切れ罵詈雑言を浴びせてきた。

2時間もすれば平常心の戻る女房のことだ、僕は馬耳東風を決め込む。

 買い物に出かけた女房が昼12時を過ぎても帰って来ない、12時40分になった、さてどうするかと思っているとき帰ってきた。

「昼飯を作る気はないんか」

「無いよ」

 じゃあ仕方ない外食に行くかと身支度をしていると、テーブルに昼食が並んでいた。

 買ったトンカツだ、作る気がないから出来たものを買ってきたのだ。

 それでも、1日中話に乗って来ない。

「静かでいいや」

 僕もダンマリだ。