僕の気楽飛歩日記

戦中派老人の赤裸々な日記から

疲れた

 朝4時に目覚めたが朝のウォーキングに出発しようとする気が起きない。

 とくに悪いところもないのに動くのが億劫だ。ついに、ウォーキングをあきらめて寝なおした。それでも時間通り6時半に朝食を摂ったがテレビの前で仰臥しているといつの間にか寝ていた。

 1日中この調子だった。

「昨日のバスツアーは疲れた」

 女房が言った、僕も疲れていたのだろう。