僕の気楽飛歩日記

戦中派老人の赤裸々な日記から

残念

    琵琶湖眺望がすばらしいことで最近人気のでている琵琶湖バレーテラスと伊吹山山上コースのバスツアーに乗った。

 朝7時、天王寺を出発してナンバ経由で9時過ぎに琵琶湖バレーへ到着した。

 雨は降っていないが山頂付近は厚い雲に覆われている。

 110人乗れるという高速ロープウエイで中腹まで上がると雲に突入した。

「テラスに着いたころには一瞬でも雲の切れ間があるかも」と期待していたが全くだめだった。

 残念。

f:id:hidechan3659:20170805094255j:plain

f:id:hidechan3659:20170805094351j:plain

 

 

 関が原で昼食を摂り3時半に伊吹山山上駐車場についたがここも真っ白。

 それでも足元の花はかろうじて見ることのできる状態だった。

f:id:hidechan3659:20170805094606j:plain

 

f:id:hidechan3659:20170805094641j:plain

f:id:hidechan3659:20170806102931j:plain

f:id:hidechan3659:20170805094815j:plain

 

 下山後醒居のバイカモに立ち寄り、ここをスタートしたのは夕方6時だった。もう日暮れに近い時間だ、僕の運転によるドライブではこんな強行はできない、観光バスだからできることである。

 名神高速道は吹田付近の事故により12キロの渋滞に陥っていた。

「何時に着くか分かりません」

 添乗員の説明にガッカリしていると、山崎ジャンクションから急きょコース変更して第二京阪道、近畿道阪神高速を通って午後8時には道頓堀へ下りた。

 運転手の機転により渋滞に巻き込まれることなく到着したのだ。

「あの渋滞では9時ごろの到着を覚悟していたのですが、〇〇運転手さんの機転により早くスタート地点に帰り着きました」

 添乗員の説明に大喝采して礼を言った。