僕の気楽飛歩日記

戦中派老人の赤裸々な日記から

ギター

 

f:id:hidechan3659:20170616125342j:plain

 高校生のとき長兄が買ってきたギターを独学で練習し、3年のときには古賀政男の「湯の町エレジー」「影を慕いて」や島倉千代子が歌っていた「りんどう峠」を弾けるまでになっていた。

 30代になって長女が生まれてからは、いつしか疎遠になっていたギターであったが

孫をびっくりさせてやろうと思い立って取り出してみたものの、調弦がまったくできなくなっていた。もともと音痴だったこともあって加齢が拍車をかけたらしく全然合わない。ついに楽器店へ行って調弦してもらい、さらに目で見ながら合わせることのできるギター&バスチューナーを購入した。

 これでなんとか調弦はできるようになった。あとは、記憶を取り戻すだけだ。

 さて、元のように弾くことができるようになるだろうか。

 今の僕にとって思考、行動の先には孫がいる。