僕の気楽飛歩日記

戦中派老人の赤裸々な日記から

詫びる

 父親が母子三人を殺したらしいという悲惨な事件をテレビが報じている。事件は考えるだけでおぞましい。

 勤務先の上司が「申し訳ありませんでした」と詫び深々と頭を下げ謝っていた。監督責任があるらしい。

 職場を持つ者が犯罪者となったとき、いつも繰り返される姿である。

 上司であるということだけで詫びる。犯罪者は子供ではない大人である。

 上司は部下の時間外での行動を束縛できない、にもかかわらず部下の起こしたプライベートな犯罪であっても詫びなければならない社会思想がある。

 頭を下げていた上司も、これで職場の将来を閉ざされることになるだろう。

 おそらく日本だけのものではなかろうか。

 何か釈然としない。