読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の気楽飛歩日記

戦中派老人の赤裸々な日記から

聖徳太子及び大化の改新が教科書から消える?!

 ウォーキングしながらラジオを聞いていると、「聖徳太子及び大化の改新が教科書から消える」という驚愕する話が飛び込んできた。

「嘘だろ」僕は思った。

 小学6年のとき、歴史の授業で30人いたクラスを飛鳥、奈良、平安、鎌倉、室町、江戸時代の6班に分けて、それぞれの時代にどのような事柄があったのかを発表した。リーダーは各班とも先生が指名し、僕の班は僕より成績のいい女の子だ。

 僕のチームは飛鳥時代だった。

 発表の日、黒板に貼った大きな年表を前に僕の班のリーダーが発表を始めると、突然先生が怒り出した。

飛鳥時代で1番大きな大化の改新が漏れている、いったいお前らは何を勉強したんや」

 先生に言われてみると645年の大化の改新が書いてない。

 604年の17条の憲法、607年の遣隋使、法隆寺の建立等聖徳太子の偉業は書いているのに大化の改新を書くのを忘れていたのだ。

 リーダーは泣き出した。僕らは黙って頭を下げているだけだ。

 先生はいつも使っている細い竹棒で一人ずつ頭をコンと叩き「もういい」と発表の中止を言い渡した。

 僕らは黒板の年表を外し、すごすごと自分の席に戻った。

 これほどの苦い経験をしているから、645年の大化の改新はくっきりと頭の中に入っている。

 ところが最近の教科書では、645年に中大兄皇子中臣鎌足と協力して蘇我氏を滅亡させた政変を大化の改新と呼ばず乙巳の変(いっしのへん)に変わっていた。さらに聖徳太子の存在を疑問視する説が有力らしい。旧1万円札にもなっていた聖徳太子さえも消えようとしている。

 どうもわからん。