僕の気楽飛歩日記

戦中派老人の赤裸々な日記から

車載カメラ

 最近、高齢ドライバーによる交通事故が多いと聞く、そのなかでもとっさの出来事に瞬時の判断ができないから発生するものも多い、

 先日、僕は国道を走っていた。そのとき左の路地から出てきた車が国道への合流点で、僕の車を視認しながら一時停止することなく合流してしまった。

 優先道路はこちらだ、当然僕の車が通過してから入ってくると思っていた僕は「ウワー」っと悲鳴をあげて急ブレーキを踏み追突直前で回避した。相手の車は僕の車の速度を見誤ってズルズルと進入してしまったのだ。

 進入した車はこちらの車を見る様子もなく、流れにも乗らないで平然と走行している。

 もし追突していたら僕のほうが悪くなるだろう、優先道路はこちらだと主張しても通らないに違いない。

 もし、車載カメラを付けていたならこちらの主張もできると思ったとき、搭載する決心がついた。