僕の気楽飛歩日記

戦中派老人の赤裸々な日記から

山里の分校

f:id:hidechan3659:20161117132228j:plain

 独り旅行で島根へ行った。

 観光地巡りをやめて山里を散歩するのが目的である。

これまで行ったことのない初めての道をたどり、山里風景を写真に収めるべくキョロキョロ周辺を見回しながら歩いている。おりしも小春日和で気持ちいい。

 峠を越えて坂を下り切った集落の入り口に廃校になった小学校分校の小さな校舎が集会所として残してあった。

 なんとも小さな山里の校舎であることか、教室も二つしかない複式学級だったのだろう。心を癒される姿である。職員室らしい部屋のカーテンはわずかに開いていて今でも誰かがいるような雰囲気である。

 中を見たいがカギはかかっているだろうし知人もいないからあきらめるしかない。できれば桜の季節にもう一度来たい。

廃校や 今が盛りの黄葉みち 待ちし童は  もう帰り来ず

f:id:hidechan3659:20161117132332j:plain

f:id:hidechan3659:20170410074911j:plain*1

 

 

*1:2017年4月8日撮影