読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の気楽飛歩日記

戦中派老人の赤裸々な日記から

この木なんの木

家の前の公園には多種の木が植えてあり初めて見る木も多い。 入口近くに成長も早くすでに樹の胸高直径が20センチほどになった木がある。 春には天に向かって大きな花が咲き、秋には椿のような実を付けていた。 「何の木かな」 数年前から気になっていた。 …

アメリカ大リーグと日本のプロ野球

今年も野球が終わろうとしている。この一年を振り返ると日本のプロ野球はあまり視なかった。大リーグばかり視ていた。 なぜだろうかと考えてみた。 日本のプロ野球は視ていてもいつの間にか寝ている。騒がしいのは観客だけで選手には覇気がない、ポーカーフ…

危ない

鳥取県の国道をドライブしていると、智頭町の板井原集落が観光スポットになっていた。 「どんなところかな、行こう」と予定外ではあったが急きょ行くことにした。 狭い村道を走り10分ほども行くと駐車場があり観光用の看板まで立っていた。集落は歩いて5分ほ…

ストレッチ

相撲取りのように四股を踏むとボケ防止になると聞き、毎日数回実践していたら左腰関節周辺の筋が痛くなった。 シップを貼っても筋肉の奥の方を痛めているらしく効き目がない、10日ほど「痛い痛い」とぼやいていた。 両手を首の後ろに上げ、右手で左手を引…

今日の食事

朝食 ナチュラルチーズ 15グラム ヨーグルト 70グラム 黒ニンニク 小片1個 牛乳 200cc 特製ジュース300cc (小松菜、セロリ、リンゴ4分の1、バナナ4分の1、青汁粉末1包、ウコン粉末小さじ3分の1、豆乳200cc)・・・二人分 注:特…

漬物

毎週のように農産物直売所へ行っている。 ここには採りたての旬の野菜がある。 かって、農協が農業従事者を保護する理由で販売を統制していたころ、消費者に届くまでに数日かかっていた。だから、大根のように葉がすぐに枯れるようなものについては切払って…

老人性痴呆症

公園に精神に異常をきたしたと思える70代の女性が現れ声を限りの怒声で「バカヤロー」を繰り返している。ひどいときには猛暑のなか一日中徘徊しながら怒鳴っている。 公園には幼児用の遊具もあり幼児が遊んでいるが、この女性は一人で怒っているだけで他人…

したたかなりジャンボタニシ

田んぼの水底にジャンボタニシが群れていた。 体長1センチに満たない小さな貝だ。 卵のとき田んぼの地主と繰り広げた生存競争はジャンボタニシの勝ちであったようだ。 こうなると地主も手がだせないだろう。もし駆除するとしたら目の細かな熊手のようなもの…

涼しくなった

朝晩はずいぶん涼しくなった。 早朝ウォークも5時過ぎの夜明けを待ってスタートしている。 虫の声を聞きながら、これは鈴虫かあれはコオロギかと幼少年時のふるさとを思い出しのんびりと歩いている。これでは健康のための運動にはならないと言われるかも分…

昨夜は夢を見て怒鳴り声をあげてしまった。 朝になると何の夢だったのかを思い出せない、一声だったが自分の怒鳴り声で目が覚めたから何かに怒ったのだろう。 夢は脳の暴走だと専門家は言い、過去に起こった事実から来ているとも言うが全く関連づけられない…

台風10号

台風一過のような晴天である。 進路はどこへ行くのかと毎日、テレビ、パソコンで追跡していた10号、できれば日本に上陸せず東方海上を北上してくれと願っていたが、東北、北海道に大変な被害を残してしまった。 ニュースを見るたびに心が痛む。 一日も早い…

炎天下ウォーク

「色が白いね」 夏なのに日焼していないとウォーキング仲間に言われた。 7月からは夜明けとともに約7000を歩き、夕方涼しくなってから3000歩強を歩いているものの日中はテレビ三昧だ、日焼しないのも無理はない。 それでも週に1回はグループで約1…

絵馬

「はやく おむかえが きますように できればぽっくりと」 散歩で立ち寄った神社の絵馬に書かれていた祈願である。 絵馬といえば「家内安全」「無病息災」「合格」などの祈願や「元気な赤ちゃんができました」「志望校に合格しました」などお礼が多いなか「は…

薄暮の不可思議

夕方、東の空から放射線状の筋がでていた。太陽は西に沈み薄暮のなかの現象だった。不可解な線だ。 夜、8時ごろ満月。 薄暮の放射線はこの月と関連があるのかな。

涼しくなった

「リ、リ、リ、」 昨夜、秋の虫の声を聞いた。鈴虫かコオロギなのか判断はつかなかったが秋は確実にきている。 早朝ウォークも涼しさを感じるようになった。 今年はラニーニャ現象になっているということで、たいへんな猛暑になると騒いでいるが、例年どおり…

靖国神社

今年も靖国神社周辺がうるさくなった。 明治以降の戦没軍人慰霊の神社であるが、先の大戦でA級戦犯として米軍に処刑された霊を1978年に合祀したことにより天皇は参拝せず、総理大臣が参拝すると中国、韓国から執拗な攻撃を受けてきた。内政干渉であると…

戦記本

8月5日(金) 毎年八月に入ると本屋の戦争文学特設コーナーで未だ読んでいない本を探すのが僕の楽しみになっていた。 現役時代、通勤電車の中で読み続けた戦争に関係する本が四百冊を超え、僕の本棚に並んでいる。 そのすべてがノンフィクションばかりだ。…

8月4日(木) 30度を越す暑さになったのに蝉が鳴かないと思っていたら、朝6時ごろ「シャー」と一声だけ鳴いたのが7月1日だった。その日はそれだけだった。 梅雨明けとともに数を増し今では蝉しぐれになっている。 「シャーシャーシャー」と鳴くクマゼ…

オーサンキュウありがとう

7月29日(金) 毎日猛暑が続いて満足なウォークができない。 こんな時に思い出すのが、涼しくて汗をかかない高原のウォークだ。 「高野山へ行くよ」 タイミングよくウォーキンググループのひとりから女房への誘いがきた。 去年まで3年をかけて高野三山を…

ドライブ

7月26日(火) 今回は女房とその友人3人を含めて5人のグループ旅行になった。運転者は僕だけで完全なアッシーだ。 朝8時、家を出発して兵庫県越知川渓谷のふるさと村をめざした。2時間ほどで着く予定である。ところが雨の影響を受けてか中国道は2か…

朧月夜

7月15日(金) 一日中降り続いた雨もあがったらしく朧月がでていた。 一句浮かんだが今は夏である、春の季語になっている「朧月夜」を夏の句に使いこなす力は持ち合わせていない。 「ヴォ、ヴオ」下の村のため池でウシガエルが啼いている。食用らしいがこ…

ジャンボタニシ

7月4日(月) 早朝ウォーキングでジャンボタニシの卵が群がっているのを見つけた。 数十年前に食用として輸入し国内で繁殖させたものの、商品化にならず放置されたため野生化して国内に拡散生息した種である。 非常に繁殖力が強く圧倒的な速さで生息地が広…

消化不良

6月26日(日) 朝食のとき、戦争中港内に停泊中自損事故で沈没した伊33潜水艦の話をした。 「潜水艦は各部屋ごとに隔離されているから沈んだとき兵員室には生きていた人が居たらしい。酸素が徐々に無くなって兵は死んでいったが酸素が無い状態だから数…

平々凡々

6月26日(日) 最近「伊17潜奮戦記」(著・原源次、㈱朝日ソノラマ)を読みはじめた。 これまで何回も読み直してきた本である。 内容は、太平洋戦争中鉄の棺と言われた潜水艦乗組員の艦内生活を記録した日記である。1分先には死を迎えるかもしれない極…

青春時代と三冊の本

「愛と死」(新潮文庫)武者小路実篤 中学3年のときだった。農協から配られてきた農家向け月刊誌「家の光」に、3ページほどに抄出した小説「愛と死」が掲載されていた。 主人公「村岡」と親友野々村の妹「夏子」の恋愛小説である。 出会いから恋に進展してい…

韓流時代劇

6月12日(金) 早朝ウォークを終えて、朝食後はテレビの前で角度を開いた座椅子で腰を伸ばしながら視聴している。午後に孫が帰ってくるまではこの状態だ。腰痛のため畳には座れないのだ。こんな僕のことを「机の前に座っているかテレビの前で寝ている」と…

この世はどうなっているの

6月14日(火) 家の前に公園がある、8年前に造られた市街地防災機能を有した近隣公園だ、広さは約2万平方メートルで公園内のウォーキングコースは僕の足で1周800歩ほどの規模である。 その設備は地下に非常用水槽を持ち、緊急トイレ、炊き出し用コ…

雲龍

6月10日(土) 昨夜は雨が降ったらしく早朝から霧が立っていた。 重畳と続く山並みを踏みつけ雲龍が上っている。 1000年を地上で暮らし、やっと天に昇る力を得た龍が 「さあ行くぞ」 と山をかけ上っているようだ。

日常生活

6月9日(金) 朝5時、スズメの雛が親を呼ぶ声で目が覚めた。 晴天だ、今日は暑くなるとの天気予報がでている、こんな日は早朝ウォーキングだ。 外にでると肌に当たる空気が気持ちいい。 ラジオを聞きながら歩いている。退職以来10年にわたって続けてき…

ノスタル爺の独り旅

新緑の候独り旅と命名する。 2008年(平成20年)から始めたふるさと独り旅はもう16回目になる。4月3回、5月3回、7月2回、9月1回、10月1回、11月4回、12月2回と四季折々の風景を楽しんできたが新緑の時季は初めてである。 季節の移ろ…

ウォーキング

退職後10年、1日1万歩を目標にしてほぼ達成してきた。 毎朝起床して1時間ほどのウォーキングと公園でのラジオ体操で7000歩になる。これをベースとして日中の買い物、孫の守りで1万歩をこすことが分かった。 夏には朝4時に起床して歩き、冬の寒い…

たかが72歳

誕生日 リタイア後11年に突入した。 軽い風邪はひくものの一応健康で日々平穏に暮らしている。ただし、腰痛は常時のこととなったが腰痛ベルトをしておけば今のところ歩くことに支障はない。 だが、「背骨の下から3番目の関節に軟骨がない、これはどうしょ…