僕の気楽飛歩日記

戦中派老人の赤裸々な日記から

今どきの女生徒

散歩中、近くにある高校の下校時間に合ったらしく大勢の生徒が対向してきた。 すれ違う女生徒を見ているとほとんどの生徒が化粧をしていることに気づいた。 この学校は地域でもベスト3に入る進学校である。さすがに目の周りを真っ黒に塗ったり銀色の口紅を…

今日も雨

今日も冷たい雨が降っている、2日も続いたのは久しぶりのような気がする。というより今年に入ってからは記憶にない。 数年前までは雨具を着て歩いていたが、もうその気はない。 昨日は1日中水彩画を描いていた。 今日は1日テレビ三昧だ。

女房とて歳はとるさ

先月行ったドライブ旅行から帰ってきた翌朝、女房が「目が覚めたとき体の向きを変えたら目が回る」と言い出した。 「俺のと一緒やな、加齢による一時的なものや」と聞き流していたが何日たっても治らない。 耳鼻科の診察を受けるよう言ったがなかなか行かな…

よかったね

近所の主婦グループとウォーキングへ出かけたとき、「ハトの餌やりの男の人、脳梗塞で入院したらしいよ」と教えてくれた。 「よかったね」 思わず二人でニタ! 他人の不幸を喜んでいるのではない、ハトの餌やりに来なくなったことを喜んでいるのである。 家…

すごいぞ

秋祭りが終わった。 昨日は周辺地域のダンジリが集まり17台で町内を走りまわった。まさに豪勢なダンジリ祭りになった。 見物客も年々増加し夜には商店街を走り抜けるダンジリの見物客で身動きもとれないほどだ。 飲食の出店も多く集まり、見物客はタコ焼き…

貨幣損傷等取締法

数日前、散歩中にラジオを聞いていると貨幣損傷等取締法違反で手品愛好家が捕まったというニュースを聞いた。500円硬貨を半分に切ったり100円硬貨に穴を開けたというものであった。 手品の業界でよく売れたらしいが硬貨を改造したということより、初め…

ドライブ旅行

娘婿の両親と山陰地方ドライブに出かけた。 佐用から鳥取道経由で国道9号線の白兎海岸にでた。秋晴れの清々しい天気である。 サービスエリアは多くの人でにぎわっていたが、さすがに海浜まで下りる人は少ない。因幡の白兎伝説のある島を見ながら「因幡の白…

棚田

気象予報では気温二十九度に達するという晴天だ。 グループ五人で千早赤坂村の棚田を見に行った。 数日前のテレビ放送で彼岸花の開花に合わせ、二日間にわたって棚田祭りがあったことを放映していた。 テレビでは満開の彼岸花と黄金の稲のコラボが美しく映し…

高齢者の宿命

1年前までグループでウォーキングしていたK氏と出会った。80歳に近い男性で、当時はたくましく精悍な人だった。それがゲッソリと痩せ声にも張りがない、何かの大病をした後かと思うほどだった。 「特に病気は無い」と言った。 数か月前に奥さんが亡くな…

童謡「思い出」

「♫かきに赤い花咲く」の「かき」とは垣のことだと知ったのは大人になってからである、僕は熟した柿のことだと思って歌っていた。 学校で習ったとき、柿の花は赤色ではなく白色だと気づいたが、僕の地域では垣の力点は「か」に付き「き」に付くのは柿である…

わが人生付録なり

もう数十年も前、テレビで「動物の心臓は生涯で15億回動く」という番組を視た。 カメは万年、ツルは千年生きるという動物も馬や牛、ネコ、犬も15億回だ」という、では人間はどうか、この計算でみると42歳で15億回に達している」という内容であった。…

総理の横暴

これまで政治のことには触れないよう努めてきた。だが、解散するという総理の横暴には納得いかない。 森友、加計問題を回避するためだろうとマスコミは言っている。もしそうだとしたら、大きな誤算をすることになるだろう。 野党の追及をのらりくらりと躱し…

向こうに見えるは親のうち

昭和47年ごろフォークグループ赤い鳥が歌った、日本伝統曲「竹田の子守唄」をイメージして描いたが春景色では悲しい曲という曲想に合わなくなった。冬景色として描き直しをしよう。 ♫ 守りもいやがる 盆から先にゃ 雪もちらつくし 子も泣くし 盆がきたとて…

台風18号

午後9時、暴風圏内に入っているが風はなく雨も降っていない。 9時半、急に豪雨になり窓をたたき付けてきた。ところがほんの5分ほどで風雨ともに止んだ。テレビを視ると赤く表示された豪雨は海上を通過し神戸の方へ上陸している。わが家はかすった程度で通…

星空

幼少時、就寝のため寝具に入って目を瞑ると、瞼の奥いっぱいに星空が現れた。明るい色や黄色などいろいろな色をしている。星空を見つめていると際限なく奥深い夜空が出てきた。 外で見る星空と同じだ。 ―北斗七星を探したが星座はない。 そのうち、星空はい…

雨降り

台風18号はまだ東シナ海にいる、それでも雨だ。 久しぶりに絵具をだして前から描きたいと思っていたブドウ畑に挑戦した。 明日も雨だ。 明日も絵を描く。

老害

最近ネット上で老害についての投稿を目にした。 老害とは「企業や政党などで、中心人物が高齢化しても実権を握りつづけ、若返りが行われていない状態」(デジタル大辞典)とあるが、ネット上では老人特有の「わがまま」「すぐ怒って大声をだす」「自分勝手」…

男の約束

5歳の孫を塾へ連れて行こうとしたら頑として動かなくなった。無理に抱きかかえて家から出したが自転車に乗らない。このままでは無理に連れて行っても教室に入らなのは目に見えている。 「爺ちゃんと男の約束をしようか」と言って孫の好きな恐竜の骨のおもち…

カツレツ

晩御飯でトンカツを食べながら、ふと思い出した。 現役時代の昭和55年(1980)、出張で神奈川県の川崎市へ行ったとき、駅前の食堂でカツレツを注文したらトンカツが出てきたのには驚いた。 今思えば不思議だが関西では牛肉が主流で豚肉は一般的ではな…

稲刈り

下の村の稲刈りが始まった。 今年も豊作だ。

恐るべし旧民法

その一、 戦没者等の遺族に対する特別弔慰金を頂くための申請は、旧民法に基づくということらしい。 僕の実父は先の大戦で戦死している。実子は僕しかいないが申請にあたっては病死した前夫の子(2名)及び実父の妹(僕の叔母)の印が必要だということであ…

過疎化対策

最近、ふるさとへ帰る度に思うこと、人口がどんどん減少してきているということだ。僕の生まれた集落では少年時には25軒の民家があったが今では7軒に減少し住民も高齢者が大半だ。小5のときに周辺の3か村とひとつの町が合併した。今やこのうち2か村は…

僕がもし突然死したなら

ブログを数か所に投稿しているが、もし僕が突然死したら抹消することもできず女房は困るだろうと気づいた。 早速作成し、数年前に造った「エンディングノート」とセットにして、女房と置き場所を決めた。 「縁起でもない」と女房は言うかもしれないと思って…

秋だ !!

昨夜は久しぶりに窓を閉め、タオルケットにくるまって寝た。 下の村の田んぼは色づき、ため池のウシガエルも鳴かなくなった。 もうすぐ刈り取りだろう。 このまま順当に冬になってくれたら、紅葉も美しくなる。 乞う期待だ。

祭り太鼓

早朝、暁闇をついて散歩にでた。 なんという清々しさか、歩いていても汗が出ない。このまま秋になってくれたらありがたいと思う。 夕方、祭り太鼓の練習が始まった、これから10月初旬の祭りまで、夕方に町内どこを歩いていても太鼓の音は途切れることはな…

1日1万歩達成できない

とうとう1か月当たりの1日平均で1万歩をクリアできなくなっている。 今月は8700歩だった。ただ、これも健康上の問題ではなく「何が何でも1日1万歩を達成しなければ」という気力がやや薄れてきたことによる。まったく歩かない日が6日間もあった。

高齢者とメタボ

とうとう体重が65キロを超えてしまった。リタイア後11年目にして5キロ増だ、 情けない。 「野菜や魚など、健康にいいものばかり食べているのに」とは女房の言。女房とて僕より10キロ少ないが僕と同じように太っているから食事が影響しているのだろう…

やっと夏休みが終わった

朝8時半に娘夫婦の家へ行き孫の守が始まる。小五の姉は一日中勉強や塾に通っているから相手する必要はない。 問題は5歳の弟君だ、夕方5時すぎに娘が帰ってくるまで日がな一日相手をしなければならない。外へ出るのは嫌がるから僕としては助かる、もはや走…

朝起きたとき目が回って気分の悪い日を過ごしたのは、いつだったのかは忘れているが、あの時の気分の悪さは後遺症みたいにいつも思い出す。 「寝るとき上向きばかりでなく右向きや左に向いて寝るよう気をつけや」 耳鼻科医師が言ったことを意識的に実践して…

ペットボトル症候群

朝、散歩のとき手にはペットボトルに入れた水を持ち、チビリチビリと飲みながら歩いている。 ハイキングに行くときは1リットルほどの飲料を持ち歩いている。 もはや水分を摂らない生活なんて考えられない身体になっている。 少年時、学校へ行くときに水筒を…