僕の気楽飛歩日記

戦中派老人の赤裸々な日記から

避難所

 いつも繰り返される災害により避難された方々の姿を目にし涙を禁じ得ない。

 それにしても納得いかないのが体育館のような広い床の上に雑魚寝を強いていることだ。避難生活がいくら長くなっても雑魚寝は変わらない、プライベートを無視した生活を余儀なくされている。

 数か月前、韓国の避難所の映像がテレビに出た。

 当初は日本の避難所と同じように体育館に雑魚寝であったが、数日後には体育館いっぱいに小さなテントが並んでいた。館内いっぱいにテントが整然とならび、テントにはA―1のような連番が付いて通路にも番号が付いていた。これなら他人の視線から逃れることもできる,避難者のストレスも少しは軽減されるであろう。

 災害の復興には積極的に動いている日本ではあるが避難者にはいつまでもオニギリやパンを提供するだけであってはならない。

 日本の数か所に拠点を設けて平時は保管、管理し、事ある時には、その地に送り込む。狭い日本だ、数日で送り届けることができる。

 避難者用のテントを装備するには、莫大な数と費用を必要とするであろう。だからこそ国の活動として取り組むべきである。

 

 

セミ

 梅雨が明けた。

 朝7時すぎ、今年初めてセミの声を聞いた。

 シャーシャーシャーとほんの数匹が2,3回泣いただけで直ぐに鳴かなくなった。

 クマゼミも暑さには弱いようだ。 .

家族葬

 二年前まで同じウォーキッググループに属していた女性のご主人が亡くなったことを聞いた。

家族葬にしていたのに元グループの三人が参列してくれたが迷惑だった」

 と主人を無くした女性が言っていたと話題になった。

「誰にも言うな、家族だけで済ませ」と言う故人の意思により家族葬にしたのだから、そっとしておいて欲しかった。というのが本音らしい。

 数年前、町内の男性が亡くなったとき、故人の友人が通夜に行ったら、「家族葬ですから」と焼香さえさせてもらえなかったことがある。

 月参りでわが家へ来ていただいたお坊さんに、このことを話したら、「たとえ家族葬であっても知人がお参りすることは大切なことです」と言っておられた。

 昨年の暮れ、近所の知人が亡くなった。

家族葬にします」と聞いて町内からは誰も参列しなかった。

 僕も行かなかった。他人の葬儀に参列する心の負担を考えて、助かったと思った。

「やはり、家族葬なら式場には行くべきでない」

 わが家の結論だ。

 後日、「業界の人が30人ぐらい来てくれた」

 と、家の人が話していた。

「行くべきだったのか」

 女房と話したが、

家族葬は身内だけで送りたいとの意思だから行くべきではない」

 女房の考えは簡潔だ。

 

「俺のときも家族葬にしろよ」

 誰にも迷惑はかけたくない、あらためて女房に念押しをした。

脱水症状

 昨日ウォーキングから帰宅したのは午後2時半ごろだった。

 グッタリしてベッドに横たわったが喉が渇いてしかたない。500ミリリットルのコーラ1本を一気飲みして横たわっていたが、また喉が渇いた。冷蔵庫で冷やした水をコップ1杯飲んだ。

 30分ほど寝て目が覚めると喉が渇いている。何かスッキリするものを飲みたい、冷蔵庫を開けると添加物の無いただの炭酸水があったのでこれを一気飲み。

 不思議なことに、平常であれば二時間置きに出るオシッコが全然ない。

 夕食時には、また冷たい水をがぶ飲みしながら、それでも食欲旺盛だから大したことないだろうと、ひとまず安心した。

 夜、9時ごろ、やっと少量のオシッコがでた。

 

 今朝、起きて朝食の後、一時間のウォーキングにでた。

 体は何ともなく、しんどくもない。平常の体に戻っていることを確信した。

 結局、昨日は軽い脱水症状に陥っていたのだろう。

 

グループウォーキング・光明池

 

f:id:hidechan3659:20180626185616j:plain

    かっては毎週のように行っていた光明池だが今回は久しぶりになる。

 今日を企画したのはこの時期にヤマモモの実が熟れるからだ。

 遊歩道の街路樹に実るヤマモモは写真に撮ってもきれいで、食べてもうまい。

 ただ、今年はすでに時季はすぎていた。残念 !!

   それにしても暑かった。木陰を探しながら歩いたが熱中症になる1歩手前だ。

 家に帰る着くとグッタリして寝込んだ。

   今日の歩数1万5900歩

  

嫌なものを見た

 先週の土曜日だった。橋本市の京奈和自動車道インターチェンジ近くの回転すし店へ入った。

 12時前で、受付・支払いカウンター前は順番待ちをしている客でごったがえしていた。

 受付簿に記帳すると、すでに10人以上の人が待っていた、20分待ちになっている。

 そのとき30代と思われる男性2人が入店して、記帳し、しばらく経ったとき、

「まだか」

 と受付の店員に聞いた。

「お呼びしますので、しばらくお待ちください」

 店員は、支払いに来る客の応対をしながら丁寧に言った。

 2人の男は、待ち人に交じって立っていたが、そのうち中へ入って行った。

 順番がくれば店員はテーブル番号の札を客に渡し、客はその指定されたテーブルで食事することになっているのに、その2人は手ぶらで奥に入った。

 僕らの番が来てテーブルに向かうとき、さきほどの2人が食事しているのが目についた。当然、番号札は持っていない、空いている席に勝手に座ったのだ。

  10人以上の待ち人をしりめに平然と食べている。

「あいつら割り込みして、なんとも思っていないのか」

 食べ終わって店を出た僕は憤慨したが所詮他人のことだ、怒ってもしかたない。

地震

 午前7時58分

 ドンと来てドドドミシミシと建物が上下に揺れた。

「来た」

 南海トラフが動いたと思った。直ちにテレビを点けると地震速報が出ている。

 大阪の北部を震源としていた。

 震度6弱だ。

 わが家の地域は震度4で被害なし。